【天国グルメ】100日後に死ぬワニカフェついにオープン / もしもの時の備蓄カレー1749円を食べてみた

100日後に死ぬワニを知らない人は少ないだろう。ワニ自身は死ぬことを知らないものの、読者のみが「ワニが100日後に死ぬ」という事実を知っているという内容で、ツイッターで1日1話掲載され続けた人気漫画だ。最終回の100日目にワニが死んで終わった。

・地上には100日後に死ぬワニの看板

そんな100日後に死ぬワニをリスペクトしたうえでインスパイアしたカフェ「100日後に死ぬワニカフェ」が2020年4月1日(水曜日)にオープンした。東京都と大阪府の2店舗があり、今回オープンしたのは東京都の池袋店。店舗は地下にあるが、地上には100日後に死ぬワニの看板が出ているのでわかりやすい。







・ワニのイラストが階段にズラリ

地下ヘの階段を下りていく間、複数のワニイラストが飾られていた。もうワニがこの世にいないと思うと心が苦しくなる人もいるのではないだろうか。この笑顔を守ってあげられなかったことを悔いてやまない人もいるのではないだろうか。

・ファンならば心がぴょんぴょんする

いろいろと考えつつ店内に入ると、なかなか広いフロアに驚く。店内には100日後に死ぬワニの漫画などが壁にデザインされており、ファンならば心がぴょんぴょんするに違いない。事前予約の入れ替え制だが、飛び込みでも席に余裕があれば入れることもあるようである。今回、客は私一人だけだった。









・甘いクリームスープのようなテイスト

メニューは複数あり、どれもおいしそうだったが、今回は「もしもの時の備蓄カレー」(1749円)に。カレーライスの値段としては高い? コラボレーション系のカフェだとありがちな価格帯かもしれないがちびっ子には高めかもしれない。

味は辛くない甘口カレー。カレーというよりは甘いクリームスープのようなテイスト。しっかり美味しく食べられた。わがままを言えば、もう少し量が欲しいところ。スイーツを注文することを見越しての量かもしれない。原作のファンで、究極の激ウマカレーを求めている人でなければ満足できるのではないだろうか。









もっと詳しく読む: 100日後に死ぬワニカフェついにオープン / 特製カレーなどが食べられる(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2020/04/01/100nichigo-ni-shinuwani-cafe/

100日後に死ぬワニカフェ 池袋店

住所: 東京都豊島区東池袋1-32-4 藤原ビルB1F

時間: 11:00~20:40 / 日曜 GW10:00~21:20

休日: 無休(要確認)

<協力>

クドウ: TVチャンピオン「焼肉王選手権」「デカ盛り王選手権」に出場し、どちらも準優勝に輝く。日清公認のどん兵衛士の称号を得ており、どん兵衛とラーメン二郎要素を融合させた「どん二郎」のネーミングやレシピを考案。空条海苔助の名義で「世にも微妙なグルメレストラン」「彦龍のノリヒコさん」などを出版するB級グルメ研究家も。イタリアをめぐりピザを食べる旅をするほどピザマニアでもある。また、昭和的な「個人経営の焼肉屋」をめぐる旅をしつつ、知られざる秘境でドローンカメラマンもしている秘境グルメマニア。