【魅惑グルメ】大正時代創業の伝説的うな丼を食べに行こう / 京極かねよ の きんし丼

kinshi-don

うなぎはどうして美味しいのか。うなぎはどうして人を魅了してやまないのか。その理由はわからないが、少なくとも職人たちの熟練の腕前があるからこそ、極上のうなぎ料理を食べられるのは言うまでもない。

・うなぎファンに愛されている伝説的な店
そんなうなぎ料理の老舗として、ディープなうなぎファンに愛されている伝説的な店がある。京都の地下鉄河原町駅から徒歩3分ほどの場所にある「京極かねよ」(京都府京都市中京区松ケ枝町456)だ。

kinshi-don7
kinshi-don8
kinshi-don6
kinshi-don5

・斬新すぎるうな丼が食べられる店
この 京極かねよ は大正時代創業の伝説的なうなぎの店で、伝統がありながらも「斬新すぎるうな丼が食べられる店」として、国内外のうなぎファンから絶大な支持を得ているのである。

・玉子焼きがフタをしている きんし丼
ここの名物は、なんといっても「きんし丼」だろう。均一に焼かれたフワッフワの玉子焼きがフタをするように丼にかぶさっており、箸でめくってみれば、その中には香ばしくツヤツヤに焼かれたうなぎが姿を現す。そう、この きんし丼 は うな丼 なのである。

kinshi-don2
kinshi-don1
kinshi-don
kinshi-don3
kinshi-don4

・うなぎの美味しさを引き立てる媒介役
玉子焼きを食べつつ、うなぎを食べる。玉子焼きはあっさりなため、うなぎの美味しさを引き立てる媒介役としてバツグン。ご飯とともにうなぎの魅力を昇華させる役割をしているのだ。

・うなぎに集中したい人は うなぎ丼 を
まさかうなぎと玉子焼きを一緒に食べるとこんなにも美味しいとは思わなかった。きんし丼は並、上、特の3つがあり、子ども用の「お子様丼」もあるので家族連れでも嬉しい限り。もちろんうなぎに集中したい人のために「うなぎ丼」もある。

美味しくて、見ためも斬新で楽しい。京都観光をする際は 京極かねよ に立ち寄って きんし丼 を食べてみてはいかがだろうか。きっと京都旅行の思い出のひとつになるはずだ。

もっと詳しく読む: 大正時代創業の斬新な伝説的うな丼を食べに行こう / 京極かねよ の きんし丼(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2019/08/05/kyogoku-kaneyo-unagi/

京極かねよ
住所: 京都府京都市中京区松ケ枝町456
時間: 11:30〜21:00
休日: 無休(要確認)

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る