【究極グルメ】旨すぎて言葉をなくす「炙りサーモン丼」に感動 / いくらサーモン出張所 波の

ikura-salmon-branch-office6

炙りサーモン丼 880円(税別)

見た目やネーミングで付加価値をつけトレンドを生むものの、料理としていちばん重要な「味」が伴っていない飲食店が多いなか、「見た目」「価格」「味」そのすべてがパーフェクトに近いランチのお店が出現した。

・完璧すぎて言葉をなくす
JR渋谷駅とJR恵比寿駅のほぼ中間地点にある、ランチ専門店「いくらサーモン出張所 波の」(東京都渋谷区東1-25-6)である。特にこの店の「炙りサーモン丼」(880円)は完璧すぎて言葉をなくす。

ikura-salmon-branch-office3
ikura-salmon-branch-office8
ikura-salmon-branch-office4
ikura-salmon-branch-office1
ikura-salmon-branch-office2

・白米が見えないほどサーモン
厚切りにされたとろサーモンがドッサリと白米が見えないほど敷き詰められ、磯の香りがほのかに漂う海藻と山葵、そしてレモンが添えられている。レモンをギュッととろサーモンに搾り、醤油をかけ、山葵を切り身ごとにのせて食す。

・皮を炙って香ばしさを付加
とろサーモンは旨味だけが詰まっているかの如く味覚を魅了。皮を炙って香ばしさを付加し、いっさい生臭さを感じさせない完璧に近い仕上がりに。

ikura-salmon-branch-office
ikura-salmon-branch-office7
ikura-salmon-branch-office5

・ハイクオリティな白米
とろサーモンで感動していると、次にやってくる白米の旨さでガツンとノックアウト。ハッキリと硬めと分かるその炊き加減は、まさに海鮮丼のために最適に炊かれたもので、ある意味、とろサーモンの美味しさと並ぶハイクオリティな白米。

・行列ができる店になるのは時間の問題
極めて柔らかいとろサーモンと、極めて硬めの白米が、双方の違いを魅力に昇華してギャップから生まれる絶妙なバランスを生んでいる。極めて完成度が高い炙りサーモン丼、行列ができる店になるのは時間の問題だろう。

・無料で鮭茶漬けがついてくる
ちなみに、ただでさえ880円という激安価格の炙りサーモン丼だが、どの丼にも無料で鮭茶漬けがついてくる。丼を食べ終えたら店員に声をかけてお願いしよう。

もっと詳しく読む: 旨すぎて言葉をなくす「炙りサーモン丼」に感動 / いくらサーモン出張所 波の(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2019/03/08/ikura-salmon-branch-office/

いくらサーモン出張所 波の
住所: 東京都渋谷区東1-25-6
時間: 11:00~14:30
休日: 日曜日

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る