【最強焼肉】絶対に教えたくないけど絶対に行くべき焼肉店の上ロース塩焼き / 上平間の北京

yakiniku-hirama-pekin-beijing8

上ロース塩焼き 1980円

いまやどの街にも存在する焼肉店。チェーン展開する店も増え、いつでもどこでも美味しい焼肉が食べられる良い時代になったが、個人経営の焼肉店にだけある「年季の入った味」というものがある。

・誰にも絶対に教えたくない店
今回ご紹介する焼肉店は、どの焼き肉マニアも「あまり教えたくない」と口にする。TVチャンピオン焼肉王選手権で準優勝に輝いた工藤氏は「誰にも絶対に教えたくない店なのだが、だからこそ人を連れて行きたくなる店」と語る。焼き肉マニアが手放しで絶賛する店「北京」(神奈川県川崎市中原区上平間1700-36)だ。

yakiniku-hirama-pekin-beijing1
yakiniku-hirama-pekin-beijing2
yakiniku-hirama-pekin-beijing11

・予約不可! 店頭に並ぶしかない
この店は独自のルールがあり、それを知らずして入店すると驚くかもしれない。まず、予約は常連じゃないかぎり絶対にできない。なので店頭に並ぶしかない。また、グループで行った際は人数が揃わないとテーブルに座ることはできない(揃ってないのに嘘をついて入店してあとから1人が遅れてやってきたなんてことは問題外)。

・注文は最初の一回のみ
混雑時の注文は最初の一回だけしか受け付けてもらえない。よって、人が店外で並んでいるときなどは、食べきったらサッと帰る必要がある。ちなみに携帯電話の通話は禁止。裏メニューもあるが、常連しか注文できないので注意が必要だ。

yakiniku-hirama-pekin-beijing13
yakiniku-hirama-pekin-beijing12

・最低2人前は食べたくなる魅力
ここの名物は、何といっても上ロース塩焼(1980円)である。タレの上ロースは1180円なので、一気に800円も価格がアップするのだが、そこから得られる感動には驚かされるものがある。たとえ1人で入店したとしても、上ロース塩焼は2人前を注文したい。見た目がフォトジェニックなだけでなく、最低2人前は食べたくなる魅力がそこにある。

・焼く前から美味しが保証
ロースなのにカルビのごとく霜降り状態のロースは、赤味が綿のようにフワッフワで、カルビにはない感触がある。トングでつまむと、まるで綿菓子をつまんでるかのような感触が伝わってくる。しかしそこから感じる重量感はズッシリとしたもので、焼く前から美味しが保証されているかのような感覚に。

yakiniku-hirama-pekin-beijing8
yakiniku-hirama-pekin-beijing9
yakiniku-hirama-pekin-beijing5
yakiniku-hirama-pekin-beijing7
yakiniku-hirama-pekin-beijing4
yakiniku-hirama-pekin-beijing3
yakiniku-hirama-pekin-beijing
yakiniku-hirama-pekin-beijing6

・良い火加減で一気に焼き上げる
ガス式のロースターに乗せれば、一気に煙と炎が昇る。火力は弱いが、ロースの脂がしたたり、良い火加減で一気に焼き上げることが可能なのだ。両面に網目が付いて良い感じに焼けたら、ご飯にのせて、ご飯を包んで食べてみよう。

・そして幸せが訪れる
最初から下味がしっかりとついているため、タレは必要なし。肉の脂身と赤身のエキスがご飯の甘味と融合し、極上の魅惑の味を放出。そしてこう思うのだ。上ロース塩焼2人前だけでご飯10杯はおかわりできると。

—-そして幸せが訪れる。ほかのメニューも極上だが、それはまた別の記事にてご紹介したい。

もっと詳しく読む: 絶対に教えたくないけど絶対に行っておくべき極上の焼肉店 / 上平間の北京(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/10/06/yakiniku-hirama-pekin-beijing/

北京
住所: 神奈川県川崎市中原区上平間1700-36
時間: 17:30~21:30
休日: 木曜日
https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14001578/

神奈川県川崎市中原区上平間1700-36
Google Mapで開く

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る