【極上】実際に食べて確かめた毎日食べても飽きないラーメン屋ランキングトップ10発表 / 1位 青島食堂

aoshima-shokudo1

ラーメンも多種多様で、ガツンと衝撃的なテイストのこってりラーメンもあれば、必要最小限の調味料のみで作られる繊細なものまである。ベジタリアン向けの野菜ラーメンも人気だし、ローストビーフのような厚切りチャーシューが山盛りになったものまである。

・実際に行って食べて調査
そこで今回、実際にラーメン屋に行って味を確かめた「毎日食べても飽きないラーメン屋ランキングトップ10」を発表したいと思う。あなたが知っているラーメン屋はあるだろうか?

・毎日食べても飽きないラーメン屋ランキングトップ10
1位 青島食堂
ここのラーメンは新潟を発祥とする、生姜がガッツリときいた醤油味。麺は程よくデコボコしており、食べるたびに生姜の鋭さと温かさが全身に衝撃を与える。

とはいえ、まったく塩分濃度は高くなく、ダシがほのかに香らせる「美味しい薫り」がたまらない(東京都千代田区神田佐久間町3-20-1)。

aoshima-shokudo4
aoshima-shokudo1
aoshima-shokudo2
aoshima-shokudo3

2位 ソラノイロ トンコツ&キノコ
カレー風味のスパイスが麺に作用。カレーはライスとの組み合わせが最高だと信じて疑わなかったが、特製スパイストンコツソバがそれを覆す存在にしてしまった。

カレーは麺との組み合わせが最高かもしれない(東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン B1F)。

soranoiro3

3位 北大塚ラーメン
濃いスープとソフトなチャーシューのバランスに注目しつつ食べてほしい。麺は中太麺で、濃い醤油の美味しさを伝えるパイプラインの役割をしている。麺は美味しいが、本質はスープと言える。

〆に卓上のおろしニンニクをスープに2~3杯ほど入れる。数枚のチャーシューをライスの入った茶碗に移し、スープをかけて食べる。いわゆる自分で作るチャーシュー丼だが、これもまた、東京屈指の味である(東京都豊島区北大塚1-14-1)。

ki71

4位 若月
絶妙なコシ、さすが手打ち麺である。プルプルと弾力がありながら、スープの素朴な味わいが麺にのって旨味を伝えてくれる。時間が経ってものびにくいのは、手打ちだからこそだろう。

たまらない。これぞ、純粋なる醤油ラーメンの真髄(東京都新宿区西新宿1-2-7 思い出横丁)。

wakatsuki2

5位 中華そば みたか
ここにきたら隠しオーダーの「チャーシューワンタン麺のチャーシュー増し麺かため半熟卵入り」を注文すると、未知なる美味しさを体験できますよ。

あっさりとしたチャーシューが繊細なスープを吸収して、上品な旨味を生んでいるのもわかります(東京都三鷹市下連雀3-27-9 地下1階)。

mitaka5

6位 ふくぼく
湖面から立ちのぼる湯気が、昆布、かつお、そして麺の「微細な小麦の薫り」を運ぶ。自己主張しないことが、自己主張に繋がっているこのラーメン、その味、まさにエレガンスでデリケート。

シンプルなものほどネガティヴな要素を隠しにくくなるものだが、このラーメン、シンプルなのに隠すネガティヴ要素など存在しなかった(東京都新宿区神楽坂5-7)。

fukuboku7

7位 鯛塩そば灯花
チャーシュー、麩、メンマ、ねぎ、そして微細なる柚子が、丼を彩っている。整った麺を崩す罪悪感に駆られながら、ずずっとすする。最初に感じる「旨味」は、味覚ではなく嗅覚からだった。

柚子の香り、それも驚くほど上品で優しい、鋭さのない香りが食欲を増幅させる(東京都新宿区舟町12-13 石原ビル1F)。

tai6

8位 カボちゃん
スーッとスマートな細麺が艶やかに弧を描き、クリアなスープの湖に沈んでいる。サルベージして一口食べれば、一本一本が千切れることに抵抗し、ある一定の力によって一斉にプツプツと切れ始める。

その食感の心地良さといったらタマラナイ。まさに「快感」という表現しか思いつかない(東京都北区西ケ原1-54-1)。

kabocyan4

9位 こうかいぼう
豚、鶏、昆布、煮干などから丁寧にダシをとり、ディープなスープを作る。見た目はドロドロしているように思えるが、食べた瞬間、あまりにも繊細な魚介の旨味が広がって驚かされる(東京都江東区深川2-13-10)。

k5

10位 寿司屋 おさむ
寿司屋には、ランチとディナーの間に不思議な時間帯がある。それが「麺の時間」だ。その時間に行けば、寿司食材を使用した「他店では絶対に味わえないラーメン」が食べられる。

このラーメンの主役はスープだ。不思議なことに、スープを飲んでから1分ほど間をおき、改めてスープを飲むと、最初にスープを含んだときの感動が1%も減らずに感じることができる。気がつくと、ほとんどスープを飲み干していた(東京都港区白金1-25-23)。

makanai2

もっと詳しく読む: 実際に食べて確かめた毎日食べても飽きないラーメン屋ランキングトップ10発表 / 1位 青島食堂(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/10/05/tokyo-ramen-ranking-akinai/

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る