サマートリュフを散りばめた極上の夏スイーツ / ホテルで楽しむ贅沢なかき氷フェア開催

hotel1_e

夏に食べたくなるスイーツのひとつが、昔から愛され続けているかき氷だ。削った氷にシロップをかけたシンプルなものが定番だが、今ではさまざまな店がさまざまに趣向を凝らしたかき氷を提供している。

それをホテルメイドにしたらどうなるのか。7月1日からストリングスホテル東京インターコンチネンタル26階のレストラン&バー、ザ・ダイニング ルームにて「ホテルで楽しむ贅沢なかき氷フェア」がスタートする。リッチな食材を使ったホテルならではのかき氷に注目だ。

・サマートリュフを贅沢に
食べるべきは、今年初登場だという「トリュフかき氷」であろう。かき氷の上にサマートリュフが散りばめられており、見るからにラグジュアリーな一品。かき氷の下には、トリュフとマスカルポーネ&ゴルゴンゾーラのムースがたっぷり。ムースの中には干し柿とクルミが混ぜ込まれていて、塩気と甘み、そして楽しい食感が口の中に広がるそうだ。別皿で、トリュフオイル、トリュフアイスクリーム、トリュフ塩が付き、いろいろなトリュフの味わいを堪能できる仕掛けもさすが。

hotel2_e

・夏仕様のアフタヌーンティー
また、季節のアフタヌーンティーとかき氷がセットになった「涼華の重」も登場する。目玉となるリフレッシュメントの「3種の桃のかき氷 スパイス香るシロップ添え」は、甘味の強い白桃・黄桃と、酸味の強い赤桃をトッピングしたかき氷。その下にさっぱりとした味わいの赤桃のシャーベットが入っている。別添えの八角のシロップをかければ、また違ったおいしさが生まれるとのこと。球型三段重で提供される、フルーツをふんだんに使ったアフタヌーンティーセットも魅力的だ。

hotel3_e

・バーテンダーが作るかき氷
最後に、カクテル入りのかき氷「大人のかき氷」も紹介しておきたい。毎年人気のバーテンダーが考案するかき氷で、6月1日から提供がスタートしている。オリジナルのフレーバーアイスをアイスピックで削って作るらしく、それぞれに合わせたシロップが付く。

今年のラインアップは、「カンパリマンゴー」と「塩麹ソルティドッグ」、「生ハムメロン」の3種類。特に「生ハムメロン」が気になるが、これはフレッシュメロンのかき氷にヘンドリックスジンをミックスしたもの。メロンと生ハムがトッピングされており、まるで前菜のようにも見える。シロップはシャンパンだというからなんとも粋だ。

トリュフをのせたかき氷や生ハムメロン風のかき氷を食べられるチャンスというのは、たぶんそうめったにないだろう。ホテルのレストラン&バーでとびきり贅沢なひとときを過ごしてみるのもたまにはいいかもしれない。

もっと詳しく読む: サマートリュフを散りばめた極上の夏スイーツ / ホテルで楽しむ贅沢なかき氷フェア開催(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/06/28/hotel-rich-kakigori-fair/

ホテルで楽しむ贅沢なかき氷フェア
会場: ストリングスホテル東京インターコンチネンタル レストラン&バー ザ・ダイニング ルーム
住所: 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F-32F
期間: 2017年9月10日(日)まで
時間: トリュフかき氷は14:30~21:30LO、涼華の重は14:30~17:00LO、大人のかき氷は17:00~23:30LO
料金: トリュフかき氷は5800円、涼華の重は4000円、大人のかき氷はカンパリマンゴー1800円、塩麹ソルティドッグ1800円、生ハムメロン2300円(すべて消費税・サービス料13%別途要)
http://www.intercontinental-strings.jp

東京都港区港南2-16-1
Google Mapで開く

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る