究極の納豆グルメ! 全8種類から食べ放題の納豆専門店ランチ / 納豆工房せんだい屋

main

納豆食べ放題定食 740円

・全8種類を実食した上でベストオブ納豆を選出
納豆を毎日2パック以上食べている。ホルモン異常を恐れつつも、納豆が心底大好きなあまり、単品やサラダのトッピングはもちろん、カレーや丼では米を納豆に置き換える。腸内に納豆菌を住まわせはじめて、かれこれ15年は経つ。

そんな私には憧れの店があった。山梨県で創業してから半世紀以上を経た「せんだい屋」だ。ここでは富士山や八ヶ岳の大地が育む素材を使用した納豆をメインにした食べ放題の定食を、都内3店舗限定で楽しめるという。

1

shop

・勝手に開催。キングオブ納豆コンテストの概要
国産小粒、国産大粒、国産ひきわり、えだ豆納豆、わかめ納豆、ひじき納豆、きび納豆、ごま納豆からの全8種類から、1回の注文につき2種類まで注文可能。白米は大・中・小の3段階から選べる。さらに生卵と漬け物、味噌汁(この日の具は揚げナス)が付く。

納豆だけじゃ物足りないという方は、卵でなくとろろ(790円)または焼き鮭(890円)が付く定食もあるのでご安心いただきたい。今回全8種類を実際に食べて、“キングオブ納豆”を選出。優勝を見事勝ち取った納豆は“卵かけごはん”との夢のコラボレーションが実現する。

2

05

・前後に置いても遠近法は通用しない。「国産小粒」「国産大粒」から
最初はスタンダードな選手(納豆)ということで、写真手前から「国産小粒」「国産大粒」。小粒と大粒を比較すると、サイズは“小粒×1.5=大粒”といったところ。「国産小粒」は粒のサイズ感はミニマムながら大豆の味がものすごく濃厚。スーパ—で購入できるものとはさすがにひと味違う。

「国産大粒」は味の各要素も、小粒の“1.5倍増し”である。大粒なので菌の粘りはやや弱まるが、大豆のふくよかな風味とホクッと柔らかな食感がたまらない。ぷっくり膨れた一粒一粒を噛みしめるうち、あやうく満腹になりそうに……。

1ターン

・どんどんいきます。続く2ターンめは「えだ豆納豆」「ひじき納豆」
大豆の成熟前に収穫したものが、えだ豆。「まさか緑色では…」とこわごわ頼んだ「えだ豆納豆」(写真右)は見慣れた茶色。しかし食べれば風味が、大豆のものほどクセがなくて淡白。「国産大粒」と同程度に粒は大きい。面白い!

一方、予想どおりのビジュアルの「ひじき納豆」は短めのひじきが混ぜこまれている。一般的にはひじき煮は煮大豆入りのものが多いが、それが納豆になってもごく自然。豆自体も小粒で、控えめなもの同士が上品にマリアージュしたという印象。

2ターン

・粘ってこ〜! 3ターンめは「ごま納豆」「ひきわり納豆」
さあ次、次。「ごま納豆」(写真手前)は黒ごまをたっぷりちりばめたフレーバー。プチプチと口の中で弾けるごまの食感と大豆のやわらかな食感が好バランス。おいしさの相乗効果もある気がする。

「国産小粒」よりもさらに細かな「ひきわり納豆」は、さすがにかき混ぜやすく、泡立ち度はこれまでの中で一番。納豆特有のくさみも無くライトな味。白米と食べるのが最適そうだが、それはキングにのみ許される特権。我慢、我慢!

3ターン

・いよいよ最終ターン「わかめ納豆」「きび納豆」
あっという間に8種類制覇目前。1センチ角のわかめ入り「わかめ納豆」は納豆の粘りとあいまって、とろとろヌメヌメで美味。わかめ入りの味噌汁と入っている素材は同じだが、納豆菌があるかどうかで、ここまで味わい深くなるとは。

有終の美となるか。ラストに選んだ「きび納豆」、穀類の香ばしさの機微を期待しながらひと口。すみません。筆者にはほとんど感じられず。ただし「国産小粒」ベースのため、納豆自体はおいしくヘルシーな気分に浸れてハッピーだ。

4ターン

・栄えあるベストオブ納豆は、直感通り。
卵かけご飯のセットも終わり、いよいよベストオブ納豆の判定。15年近く納豆2パックを欠かさず食べ続けた納豆記者が選ぶ、「せんだい屋」食べ放題ランチで食べられるベストオブ納豆は……

1ターンめの「国産大粒」です。おいしさは空腹感ゆえではありません。やはり他の納豆と比べても大豆そのものの美味しさが最もダイレクトに感じられました。ずっと口の中で噛みしめていたい。「えだ豆納豆」とも若干迷うけれど。
最後に「国産大粒」2パックを注文し、卵かけ御飯にかけてじっくり味わった(ちなみに正直、米と食べるなら「ひきわり納豆」がベストだろう)。

end

・イートインを逃しても大丈夫。8種類すべて購入可能。
定食で食べられる納豆はすべて店舗で購入できる(130円〜)。そのためお気に入りは、家にお持ち帰りするのもおすすめ。また高円寺店をはじめ、都内各店舗を含む全国十数カ所には、せんだい屋プロデュースの「納豆自販機」が設置されており、24時間20種類以上、納豆が手に入るのでありがたい。

上質な納豆を市販用の1パックまるごと、時間無制限で堪能できる「せんだい屋」。歯ブラシを持参の上、納豆好きはぜひ行ってほしい(行列にも粘り強く!)。

machine

もっと詳しく読む: 究極の納豆グルメ! 全8種類から食べ放題の納豆専門店ランチ / 納豆工房せんだい屋(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/06/27/kingofnatto-sendaiya-lunch/

納豆工房せんだい屋
住所: 東京都杉並区高円寺北2-38-15
時間: 11:00~16:00(販売は〜19:00)
休日: 無休

東京都杉並区高円寺北2-38-15
Google Mapで開く

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る