【革命】ウナギ激減ヤバイ → 消費者「ウナギの蒲焼もっと食べたいよぉおお!」→ イオン「パンガシウスの蒲焼作ったよ」→しかも激ウマ

panga2

イオンが革命的な料理の販売を開始することになり、大きな注目を集めている。蒲焼の材料にウナギではなく、パンガシウスを使用した料理を開発したのだ。ウナギは資源枯渇が問題視されている貴重な存在で、消費者からは「いつか食べられなくなるかも」などの声があがっている。

・ウナギの蒲焼と並ぶ主力料理
パンガシウスはナマズの一種で、海外ではフィッシュアンドチップスやフィッシュバーガーの食材として愛されてている。それに注目したのがイオンの商品開発者。その美味しさと食感から、ウナギの蒲焼に負けない、ふんわりとしてクセのない蒲焼きを作れることが判明。徹底して研究し、ついにウナギの蒲焼と並ぶ主力料理「パンガシウスの蒲焼」を生み出したのである。

panga1

panga5

・ご飯にもベストな存在
実際にパンガシウスの蒲焼を食べてみたが、「もしかしてウナギ以上なんじゃないか?」とおもえるほどフワッとした食感が素晴らしく、いっさい雑味や泥臭さがないので、白身の繊細な旨味だけが前面に押し出されて絶品。甘めのタレにもバッチリ合うし、ご飯にもベストな存在となり得ると感じた。

・国民的に定番化しても問題ないレベル
そもそもパンガシウスは白身の密度が高めで、食べ応えという点においてはウナギよりも上だと感じた。柔らかく、そしてしっかりとした身は、ウナギの蒲焼の代替品などではなく、「パンガシウスの蒲焼」として国民的に定番化しても問題ないレベル。

panga3

panga4

panga6

・商品名は「白身魚のふっくら蒲焼」
パンガシウスとタレ、すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。風……、なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、パンガシウスのほうに。

ウナギの蒲焼も美味しいが、同様に、パンガシウスの蒲焼も絶品。この商品は2017年5月30日より、全国のイオンやイオンスタイル、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどで販売する。商品名は「白身魚のふっくら蒲焼」だ。

もっと詳しく読む: ウナギ激減ヤバイ → 消費者「ウナギの蒲焼もっと食べたいよぉおお!」→ イオン「パンガシウスの蒲焼作ったよ」→しかも激ウマ(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/05/29/pangasius-aeon/

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る