極上スターバックス誕生! 日本でたった一か所でしか飲めない究極の「ナイトロコールドブリュコーヒー」GINZA SIX

ginza-six-starbucks-reserve-bar7

ナイトロコールドブリュコーヒー 800~1140円

世界に数店舗しか存在しない、スターバックスコーヒーのなかでも特に極上のコーヒーを提供している「スターバックスリザーブバー」(Starbucks Reserve Bar)。そのひとつが、日本に一店舗だけ誕生。2017年4月20日、最高級ラグジュアリービル「GINZA SIX」の6階にオープン。

・一度しか販売できない希少コーヒーも
スターバックスリザーブバーではお酒が飲めるだけではなく、究極のコーヒーを体験することが可能。スターバックスコーヒーが取り扱うコーヒーは複数あるが、極めて素晴らしいコーヒーにのみ、スターバックスリザーブの称号が与えられる。その比率、スターバックスコーヒーのなかでたった1%だという。あまりにも希少なため「一度しか販売できない希少コーヒー」もある。

ginza-six-starbucks-reserve-bar1

ginza-six-starbucks-reserve-bar13

ginza-six-starbucks-reserve-bar12

ginza-six-starbucks-reserve-bar2

ginza-six-starbucks-reserve-bar11

ginza-six-starbucks-reserve-bar3

ginza-six-starbucks-reserve-bar10

ginza-six-starbucks-reserve-bar4

ginza-six-starbucks-reserve-bar6

・究極のナイトロコールドブリュコーヒー
スターバックスリザーブバーを訪れたら絶対に飲んでおきたいのが「ナイトロコールドブリュコーヒー」というアイスコーヒーである。ナイトロとは窒素ガスのことで、独自の製法でコーヒーに注入。それによって生まれるまろやかな口当たりは、今までのコーヒーの常識を覆す「優しさ」と「奥深さ」をもたらす。

・すでに冷えているので氷は入れない
ナイトロコールドブリュコーヒーはタップに保存されており、注文を受けるとビールのように大きめのグラスに注ぐ。じっくり、ゆっくり、優しく注ぎ、すでに冷えているので氷は入れない。氷がないので味にムラができず、そして冷えすぎない美味しさが素晴らしい。

ginza-six-starbucks-reserve-bar9

ginza-six-starbucks-reserve-bar8

ginza-six-starbucks-reserve-bar7

ginza-six-starbucks-reserve-bar18

ginza-six-starbucks-reserve-bar5

・真似できない「ここだけの味」
その究極ともいえるビターでマイルドな口当たりは、熱をいっさい与えずエキスを抽出することによって生まれる。そこにナイトロのバックアップがくわわり、どこにも真似できない「ここだけの味」が生まれる。

・確かにこの味は初体験
注がれたナイトロコールドブリュコーヒーをじっと見ていると、粒子(カスケード)がどんどん底に沈んでいくのがわかる。その粒子がどの位置にどれだけ滞留しているかにより、味にグラデーションを生む。確かにこの味、初体験。ちなみに使用するコーヒーの種類によって価格が変化するため、店頭で確認したい。

もっと詳しく読む: 極上スターバックス誕生! 日本でたった一か所でしか飲めない究極の「ナイトロコールドブリュコーヒー」GINZA SIX(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/04/15/ginza-six-starbucks-reserve-bar/

スターバックスリザーブバー
住所: 東京都中央区銀座6-10-1 6F
時間: 9:00~23:30
休日: 無休

東京都中央区銀座6-10-1
Google Mapで開く