孤独のグルメ シーズン6 / 新宿区淀橋青果市場の豚バラ生姜焼定食 / 伊勢屋食堂

i5

豚バラ生姜焼定食
700円

豚肉と生姜、これほどまでに食欲をそそらせる黄金の組み合わせが存在するだろうか。加熱することでフワンと立ちのぼる、香ばしさとスパイシーな薫り。特に豚バラ肉は脂分が多く、焼くことで一際芳醇さが増す。

・これさえあればご飯3杯は食える!
ドラマ「孤独のグルメ」シーズン6に登場する、東京都新宿区の淀橋青果市場内にある「伊勢屋食堂」(東京都新宿区北新宿4-2-1)。ここの豚バラ生姜焼定食は、「これさえあればご飯3杯は食える! いや5杯はいける!」と断言できるほど奥深く、そして究極系。

i11

i1

i10

i2

i3

i9

・湯気が生姜のハーブ的な旨味を運ぶ
極薄の豚バラにたっぷりと生姜と長ねぎが盛られている。もちろん豚バラにもしっかり生姜が浸透しており、そこから放たれる湯気が生姜のハーブ的な旨味を運ぶ。豚バラが極薄なので、軽い食感でくどくなく、いつまでも食べ続けられそうな感覚が生まれる。

・飽きずにどんどん食べられる
そんな豚バラがご飯に合わないはずがない。「豚バラ→ご飯」の順番で食べ進めてもいいが、「豚バラ+ご飯」という流れで同時に食べるのも美味。大将の素晴らしい腕前により、濃すぎず、薄すぎず、ベストな味付けで仕上げられているからこそ、飽きずにどんどん食べられるのだ。

i8

i6

i7

i5

i4

・他店にはないワンランク上の生姜焼き
生姜焼きはシンプルな製法なので、誰もが簡単に作れてしまう。だがしかし、完璧を求めると、そう簡単に突出した味は出せない。「伊勢屋食堂」は、他店にはないワンランク上の生姜焼きに到達した、数少ない名店といえるだろう。

・清潔な状態で入場しよう
「伊勢屋食堂」は市場の中にある食堂なので、早朝5時から営業しているが、16時には閉店する。また、市場という場所柄、清潔な状態で入場し、市場の人たちの邪魔にならないようにしよう。最寄り駅は、JR大久保駅である。

もっと詳しく読む: 孤独のグルメ シーズン6 / 新宿区北新宿の豚バラ生姜焼定 / 淀橋青果市場内 伊勢屋食堂(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/04/06/butabara-iseya/

伊勢屋食堂
住所: 東京都新宿区北新宿4-2-1
時間: 5:00~16:00
休日: 日祝(または休市日)
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13081288/

東京都新宿区北新宿4-2-1
Google Mapで開く