日本一おいしいパエリアを堪能 / 日本パエリア協会主催の代々木公園『パエリア祭り』

main-re

大鍋で炊き上げた米のひと粒ひと粒に、肉や魚介、野菜のうま味を凝縮させた“パエリア”。スペイン東部のバレンシア地方で生まれた伝統料理は、日本でもすっかり人気グルメだ。この4月の第1土・日曜の2日間、日本各地の絶品パエリアが集まる『パエリア祭り』が代々木公園で開催する。

・パエリアざんまい! スペインフェス『パエリア祭り』
前年度5万人以上を動員した国内No.1のパエリアのイベント『豊洲パエリア』。 今年は会場を代々木公園に移して『パエリア祭り in 代々木公園・春風 ~Spring Love~』が開かれることとなった。

桜re

・極上肉や新鮮魚介を使ったパエリアに舌鼓
会場には人気移動車「TOKYO PAELLA」(東京都)の“イカ墨のパエリア”をはじめ、「五反田漁師バル」(東京都)の“極旨!ステーキのパエリア”、「バル・エスパーニャ仙台」(宮城県)の“鮭といくらとフカヒレの三陸海宝パエリア”、「バルの2月」(宮崎県)の“宮崎鶏の炭火焼パエリア”など、全国津々浦々の名店が誇る約20種類のパエリアが一同に会する。

これらのパエリアは、本イベントの目玉企画である『全国パエリア選手権』のエントリーメニュー(選手)。会場を訪れた一般客が実食後に投票、獲得票数から日本一のパエリアが決定する。実力派ぞろいの本命をいろいろと味わって、推しの一杯に清き一票を投じよう。

シーフードre

肉re

・日本パエリア協会が公認する日本一のパエリアとは
もう一つ見逃せないのが、場内で同時開催する『世界パエリアコンクール』日本予選。
スペイン・バレンシアにて毎年9月に開かれる『世界パエリアコンクール』へ進む日本代表の一杯が、特別審査員による判定で決定する。

薪を使って大鍋で炊き上げる伝統的なパエリアから、世界の舞台へ進む3店舗を決めるハイレベルな競演。日本代表がいったいどんなパエリアになるのか、こちらも要チェックだ。

re

・パエリア以外にもスペインフードが目白押し
会場にはパエリア以外のスペインフードも大集合。すっかり日本でもおなじみとなった「アヒージョ」。

そしてスペイン伝統の前菜であるトマトベースの冷製スープ「ガスパチョ」、手軽につまめるバルで定番のライトミール「ピンチョス」などが登場予定。スペインワインなどの本場のアルコールもそろうので食事とともに楽しみたい。

アヒージョre

ピンチョスre

4月の第一週とあって桜も満開を迎えるころ。

春ムードに包まれた代々木公園で、この週末は本格派パエリアを堪能してはいかがだろうか?

もっと詳しく読む: 日本一おいしいパエリアを堪能 / 日本パエリア協会主催の代々木公園『パエリア祭り』(東京メインディッシュ)

パエリア祭り
住所: 東京都渋谷区代々木神園町2-1
会場: 代々木公園イベント広場(東京都渋谷区代々木神園町2−1)
日時: 2017年4月1~2日 9:00~19:00(雨天決行)
休日: 入場無料

東京都渋谷区代々木神園町2-1
Google Mapで開く

※写真はすべてイメージです