店主が「トルコの漁港で食べたサバサンド」を浅草橋で食べる / さるやすみ

saba3

トルコの漁港で食べたサバサンド
600円

トルコのグルメといえば、カイマック、ケバブ、濡れバーガーなどをイメージするが、実はサバサンドも美味しいらしい。そんなサバサンドの美味しさに魅せられた店主が、東京浅草橋でカフェスタジオ「さるやすみ」をオープン。そこに行けば、トルコまで行かなくとも「トルコの漁港で食べたサバサンド」を堪能することができる。

・そこに惜しげもなくドッサリとサバ
サバサンドのサバは加熱されているもので、ドイツやノルウェーなどヨーロッパで親しまれている生のサバサンドとは違うテイストのもの。やや大きめのバゲットはイメージしていたものより柔らかく、そこに惜しげもなくドッサリとサバが挟まれている。

saba7

saba9

saba8

saba2

saba1

・サバの旨味が生える仕上げ
「魚は好きだけどサンドイッチにすると苦手」という人もいるが、まったく生臭さがなく、むしろサンドイッチにしないともったいないと思えるほど美味。しっとりとしたサバの身はジューシーで、溢れる旨味エキスと脂がたまらなく絶品。パンにジュワジュワと染み込んだサバの旨味が生える仕上げになっている。

・行く価値アリだ
さらに感動したのは、居心地が良い店内。老若男女関係なく、そのファンタスティックでファビュラスな空間に浸ることができる。ちなみに店名が「さるやすみ」なのは店主が猿好きだかららしい。いろいろとユニークで美味しくて居心地が良いこのお店、行く価値アリだ。

もっと詳しく読む: 店主が「トルコの漁港で食べたサバサンド」を浅草橋で食べる / さるやすみ(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2017/01/25/sabasando-saruyasumi/

さるやすみ
住所: 東京都台東区浅草橋1-5-8
時間: 12:00~21:00
休日: 不定休
http://toffeeandnice.wixsite.com/saruyasumi

東京都台東区浅草橋1-5-8
Google Mapで開く