麻生太郎氏がこよなく愛する 「ターロー麺」を食べてみた / スイ芬河の太楼麺

taro1

太楼麺
600円

有名人お墨付きの料理店って、気になるものである。それがおいしいものを知っていそうなグルメっぽい人だったら、なおさらである。

福岡県飯塚市には、麻生太郎副総理兼財務相がこよなく愛しているとウワサのラーメンが存在するらしい。あの麻生氏のお気に入りとなれば、よほどおいしいに違いない!

・町の中華料理店
今回、足を運んだのは、「スイ芬河(スイフンガ)」(福岡県飯塚市新飯塚19-30)である。ラーメンやチャーハンのほか、オムライスやトンテキなども食べられる、大衆食堂ともいえそうな町の中華料理店だ。

taro2

taro3

taro4

・太郎と太楼?
麻生氏が地元の福岡に帰省するたびに食べているといわれるのが、こちらの「太楼麺」(ターローメン)。

「太郎」と「太楼」で名前が同じだから、などの理由もささやかれているようだが、真実かどうかは不明である。

taro5

taro6

taro7

・衝撃のウマさ!
「太楼麺」は、あまりほかでは見かけない、鶏ガラスープのあんかけラーメン。具材は、たっぷりの卵、豚肉、白菜、ネギなどである。

アッサリとした味のトロトロスープが、細麺にこれでもかというぐらい絡む。コショウがふられた状態で提供されるのだが、これがまた、ちょうどいい塩梅なのだ。レンゲと箸が止まらず、夢中でたいらげてしまった。麻生氏の “ターロー麺” 、ウワサは本当かもしれない。

taro8

taro9

もっと詳しく読む: 麻生太郎氏がこよなく愛する “ターロー麺” を食べてみた / トロトロのあんが細麺に絡まりすぎて至福(東京メインディッシュ)http://main-dish.com/2016/11/27/sui-hun-ga/

:

スイ芬河
住所: 福岡県飯塚市新飯塚19-30
時間: 10:30ごろ~18:00ごろ
休日: 日曜日
https://tabelog.com/fukuoka/A4007/A400702/40009204/

福岡県飯塚市新飯塚19-30
Google Mapで開く