昭和すぎる大衆食堂のチャーハンはやっぱり懐かしい味がした / 北海道の甘太郎食堂

amataro1

チャーハン
550円

大衆食堂というのは、だいたいにおいてレトロな雰囲気が漂っているものだ。しかし、JR長万部駅から徒歩3分ほどのところにある「甘太郎食堂」(北海道山越郡長万部町長万部64)は、レトロというよりもザ・昭和。そこだけ、時が止まったかのような大衆食堂なのだ。

・すべてが懐かしい
潮風にはためくのれん、年季の入った看板。見た目からしてノスタルジックだが、店内も期待を裏切らない。何十年と客を迎えてきたのであろう空間に、簡素なパイプテーブルとパイプイスが並ぶ。壁には、ラーメンやそば、うどんなど、大衆食堂らしい “何でもアリ” なメニューがズラリ。

amataro2

amataro3

・食欲をそそる香り
その中から、今回はチャーハンを注文した。おそらくオイスターソースで味付けしているのであろう、茶色のチャーハンにネギとチャーシュー、かまぼこ、紅ショウガなどが入っており、さらに紅ショウガがトッピングされている。

ふわりと鼻をくすぐる香ばしさに食欲を刺激される。

amataro4

amataro5

・飽きない味のチャーハン
なかなかボリュームがあったが、昔どこかで食べたような馴染みのある味で、ペロリとたいらげてしまった。

珍しさや奇抜さはないが、安定感のある温かいおいしさである。

amataro6

amataro7

amataro8

amataro9

amataro10

amataro11

会計のときに気付いたのだが、これまた何十年も使われてきたのであろうレジが置かれていた。

海辺の町で、ノスタルジーに浸るひとときもいいものだ。

もっと詳しく読む: タイムスリップ感がハンパない! 昭和すぎる大衆食堂のチャーハンはやっぱり懐かしい味がした(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/11/20/ama-tarou/

甘太郎食堂
住所: 北海道山越郡長万部町長万部64
時間: 要確認
休日: 要確認
https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010503/1017939/

北海道山越郡長万部町長万部64
Google Mapで開く