【ラーメン二郎全店制覇】ラーメン二郎 小岩店 / 小ラーメン豚増し / ニンニクアブラ / 煮玉子

ramen-jiro-koiwa6

小ラーメン豚増し / ニンニクアブラ / 煮玉子
850円+100円

日本全国の「ラーメン二郎」を食べつくす行為。それはすなわち、ジロリアン(ラーメン二郎マニア)を超越したラーメン二郎の神、いわゆるジロリアンゴッドになる修行。ということで、この「ラーメン二郎全店制覇」シリーズに皆さんもお付き合いいただければ幸いである。

・小岩店の特徴やルール
今回は、「ラーメン二郎 小岩店」(東京都江戸川区西小岩3-31-13)で食べる。無料トッピングはヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメなどを増量可能。

いちばん注意する必要があるのが、「マシ」と「マシマシ」が不可能という点。マシを言ったところでスルーされるか、場合によっては何も増やされず出される。行列に並んで入口が近くなったら食券を購入する。

・ラーメン二郎 小岩店 メニュー
半分 600円
少なめ 650円
小ラーメン 700円
大ラーメン 800円
豚増し券 150円
煮玉子 100円
脂ッKOIWA 50円
缶ウーロン 100円

ramen-jiro-koiwa15

ramen-jiro-koiwa1

ramen-jiro-koiwa14

ramen-jiro-koiwa13

ramen-jiro-koiwa12

ramen-jiro-koiwa11

・シチュエーション
店内はラーメン二郎の店舗のなかでも狭いほうで、食券を買う時でさえ1人が店内に入るのがやっと。あまりにも狭すぎるので、1人が食券を買ったらまた行列に並び直す。

店内で並ぶことはできないので、雨の際は傘を必ず持って行こう。

ramen-jiro-koiwa10

ramen-jiro-koiwa8

ramen-jiro-koiwa9

・盛りクオリティ
今回は、小ラーメン豚増しにニンニクアブラと煮玉子を追加して注文する。ヤサイをトッピングしなくてもしっかり盛られているのが好感触。よって、ヤサイをトッピングするとガッツリと盛られるので注意が必要だ。

茶褐色の脂が丼のフチに大量に投入されており、大判で肉厚のチャーシューがガッツリと盛られている。ニンニクはやや粗めに刻まれたもので、乳化していない場合は鋭いスパイスとなって味覚神経を魅了する。

ramen-jiro-koiwa7

ramen-jiro-koiwa6

ramen-jiro-koiwa4

ramen-jiro-koiwa3

ramen-jiro-koiwa2

・総評
いやあ、何度食べても小岩店の麺は素晴らしい。小岩店の麺は非常にクニュとしたプリプリ麺で、ユルめの麺が好きな人にとって最高の感動を堪能できる。よって、硬めが好きな人からは不評なケースもあるが、概ね、小岩店の麺はジロリアンに好評のようだ。

小岩店のスープは「非乳化」と「乳化」が時間帯によってハッキリ変化する。小岩店のクニュとしたプリプリ麺は、そのどちらでも最高の旨味を生む。非乳化の場合、スープとチャーシューの醤油テイストが「ガツン!」としっかり浸透し、ズズッと麺をすするたびに強めのグルタミン酸が味覚神経を魅了する。

今回は「半乳化」状態だったが、乳化したスープの場合でも麺に浸透したスープがコクを生んで美味。基本的に味付け(濃度)が強めの小岩店のスープだが、これほど麺との相性が良い組み合わせも珍しいだろう。

美味しすぎて震えが止まらない。どうもありがとうございました。

・採点レビュー(5点満点)
美味: ★★★ / 玉子加えてズルと喰う
麺質: ★★★★ / プルックニュッやっわらけ~ッ!
出汁: ★★★★ / メッチャ濃厚
肉質: ★★★ / 肉のウマ味とアブラの甘み利いたもの
脂度: ★★★ / 口どけ優しい
総量: ★★★ / 奮え無しには啜れない
店員: ★★★ / 眼光鋭く客見守る者
総評: ★★★ / 丼カラになるまで貪り続けた

もっと詳しく読む: ラーメン二郎 小岩店 / 小ラーメン豚増し / ニンニクアブラ / 煮玉子(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/11/05/ramen-jiro-koiwa/

ラーメン二郎 小岩店
住所: 東京都江戸川区西小岩3-31-13
時間: 10:30~15:00
休日: 土日祝
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13021952/

東京都江戸川区西小岩3-31-13
Google Mapで開く

Respected @habomaijiro