極めて希少なマイクロタイプの「絶品ヒレカツ」が食べられる店 / とんかつ三太

ton4

ヒレカツ単品
1130円

ヒレカツを注文すると、大きな1枚で出されるケースと、コロッケのように小さなサイズが複数出されるケースがある。そんな小さなサイズのヒレカツは、一部のとんかつマニアの間で「マイクロタイプ」と呼ばれているのだが、今回ご紹介する「とんかつ三太」のヒレカツはまさにマイクロタイプ。

・唐揚げのような形状とサイズ
しかし単なるマイクロタイプではない。とんかつ屋の多くが平面で均一なマイクロタイプのヒレカツであるのに対し、「とんかつ三太」のヒレカツはまるで唐揚げのような形状とサイズをしており、さらに衣がザクザクカリカリで「超」がつくほどクリスピーなのだ。

ton1

ton3

ton4

ton2

・豚肉にも濃密な肉汁たっぷり
なかでも驚かされるのが、その旨味の質の良さ。衣には香ばしさと「ほんのりとした旨味」があらかじめ浸透しており、さらに豚肉にも濃密な肉汁がたっぷり含まれている。衣の旨味と肉汁により、ソースや塩をふりかける必要がないほど美味なのである。

・肉汁とともに香ばしさが広がる
食べるたびに感じる「ザクッ!」「シャリ!」とした食感もたまらない。その振動とともに衣が崩壊し、肉汁とともに香ばしさが広がって幸せの時間が訪れる。どうすれば、こんなにも美味なるヒレカツが作れるのか。たとえ遠方でも食べに行きたくなるとんかつ屋のひとつである。

もっと詳しく読む: 極めて希少なタイプの「絶品ヒレカツ」が食べられる店 / とんかつ三太(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/11/02/matsudo-santa/

とんかつ三太
住所: 千葉県松戸市樋野口608-1
時間: 11:30~14:00 17:00~21:00
休日: 水曜、第2火曜

千葉県松戸市樋野口608-1
Google Mapで開く