【本当に入りにくい名店グルメ】マンション2階の商店のカーテンの奥にあるネパール料理店 / ソルティカージャガル / 難易度★★★★

solti-halal-khaja11

お店の存在がわからない、発見しても入りにくいオーラを放っている、だけど食べれば感動するほど絶品。そんな飲食店を紹介していく「本当に入りにくい名店グルメ」シリーズ。この店を知らないで生きるのはもったいない! そんな名店の数々をご堪能あれ。

・難易度★★★★
入りにくさを難易度として表現し、★~★★★★★の5段階評価で表す。★が多いほど入りにくい名店ということになる。基準としては「OL2人組の客」が来店することを指標として考える。

今回は「難易度★★★★」の本当に入りにくい名店だ。

・今回の入りにくい名店
ネパール料理店「ソルティカージャガル」(東京都新宿区百人町2-9-15)は、JR新大久保駅から徒歩2分ほどの一等地にありながら、本当に入りにくい名店としてマニアに知られている。

ライオンズマンションの2階に階段でのぼり、幅が広い野外通路を進み、個人経営の小さなネパール食材商店に入り、フロア奥のカーテンをめくって入ると、そこにネパール料理店「ソルティカージャガル」がある。

solti-halal-khaja7

solti-halal-khaja8

solti-halal-khaja9

solti-halal-khaja10

solti-halal-khaja11

solti-halal-khaja12

solti-halal-khaja13

・本場ネパール料理職人とネパール人の常連
そもそもライオンズマンションの2階に商店があること自体、気が付く人は少ない。勇気を出して商店に入っても、カーテンが料理店のフロアを完全に遮(さえぎ)ってて見えず、そこに料理店があることに気が付く人も少ない。ネパール食材を買いにくる日本人も少ないため、知るきっかけすら得られないのである。

しかしながら、一度でも「ソルティカージャガル」の料理を知ってしまうと、ネパール料理はここでしか食べたくないと思ってしまうほど「味の虜」になってしまう。それもそのはず、本場ネパール料理職人とネパール人の常連によって支えられているこの店は、まさに本場ネパール人が満足する味しか出していない。そう、すべてが本格的なのだ。

solti-halal-khaja6

・ソルテイぐるんデイドウセット
ここの名物ともいうべき「ソルテイぐるんデイドウセット」は、とりあえず一度は体験しておきたい名物料理だ。ネパールカレーや煮物を、そば粉を練った主菜「ディード」と一緒に食べる。素手でディードをこねてちぎり、カレーに浸して食べるのだ。

非常に素朴なテイストだが、好きな人は「ネパールカレーはディードなしで食べられない!」というくらい好きになってしまうシロモノである。モモは「ネパール現地よりも絶品」だと大絶賛する人もいるほど美味で、実際に食べれば、そのジューシーで濃厚な肉の旨味に衝撃を受けるはずだ。これらの料理にはそば焼酎が合う。

solti-halal-khaja5

solti-halal-khaja3

solti-halal-khaja4

solti-halal-khaja2

solti-halal-khaja1

・ネパール人が愛する味が守られている
店員に酒を注文すると、商店のフロアに出ていき、酒やコップを持ってくる。売り物を使用しているのか。ある意味、本格的であり、合理的といえる。

この店の客層は、そのほとんどがネパール人。それもあって、ネパール人が愛する味が守られているのかもしれない。確かにここは、本当に入りにくい名店であった。

もっと詳しく読む: マンション2階の商店のカーテンの奥にあるネパール料理店 / ソルティカージャガル / 難易度★★★★(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/11/01/solti-halal-khaja/

ソルティカージャガル
住所: 東京都新宿区百人町2-9-15 ライオンズマンション 2F
時間: 11:00~24:00
休日: 無休(臨時休業あり)
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13163960/

東京都新宿区百人町2-9-15
Google Mapで開く