【ラーメン二郎全店制覇】ラーメン二郎 会津若松駅前店 / 小ラーメン豚入り / ニンニクアブラマシマシ / 生姜 生卵

ramen-jiro-aizuwakamatsu10

小ラーメン豚入り / ニンニクアブラマシマシ / 生姜 生卵
800円+50円+50円

日本全国の「ラーメン二郎」を食べつくす行為。それはすなわち、ジロリアン(ラーメン二郎マニア)を超越したラーメン二郎の神、いわゆるジロリアンゴッド。ということで、この「ラーメン二郎全店制覇」シリーズに皆さんもお付き合いいただければ幸いである。

・会津若松駅前店の特徴やルール
今回は、「ラーメン二郎 会津若松駅前店」(福島県会津若松市駅前町6-31)で食べる。

JR会津若松駅から徒歩1分ほどの場所にあるこの店舗。ラーメン二郎のなかでも、いちばん山奥にある。そしてもっとも空気が美しく、環境に厳しい大地にある店舗ともいえる。ある意味、この田舎町にラーメン二郎があること自体、異彩を放つ存在である。

この店舗では、トッピングに対するマシやマシマシが可能。有料トッピングに生姜と生卵があり、寒い日には生姜のトッピングは欠かせない存在となっている。また、店内ではラーメン二郎オフィシャルTシャツが販売されており、デザインはともかく記念品としては必須アイテム。

・ラーメン二郎 会津若松駅前店 メニュー
小ラーメン 650円
小ラーメン豚入り 800円
大ラーメン 750円
大ラーメン豚入り 900円
小つけ麺エビ味 800円
小つけ麺エビ味豚入り 950円
大つけ麺エビ味 900円
大つけ麺エビ味豚入り 1050円
しょうが 50円
生たまご 50円

・ラーメン二郎 会津若松駅前店 自販機メニュー
伊右衛門
グリーンDAKARA
ヨーグリーナ
南アルプスの天然水
特茶
特茶カフェインゼロ
サントリー烏龍茶
サントリー黒烏龍茶
いちごミルク
オランジーナ
CCレモン
マウンテンデュー
デカビタC
ビックル
レモンティー
アセロラドリンク

ramen-jiro-aizuwakamatsu2

ramen-jiro-aizuwakamatsu1

ramen-jiro-aizuwakamatsu4

・シチュエーション
会津若松は観光地で栄えているとはいえ、それでも地域住民の人通りは少なく、駅前はむしろ観光客のほうが多く感じる。そんな状況下にもかかわらず、ラーメン二郎には多くの客が行列を作る。オープン時に行列ができるというよりも、オープン後にジワジワと行列が長くなる感じだ。客層は10~20代の若者。そして50~60代の男性の姿もポツポツあった。都内ではあまり見られない高齢な客である。

店内に入って食券を買い、店内で待つ。カウンター席とテーブル席があり、3~4人の場合はテーブルに案内されることもある。店員は威勢の良い店主と弟子たちで、寡黙な東北地方のイメージとはちょっと違う。

ramen-jiro-aizuwakamatsu3

ramen-jiro-aizuwakamatsu5

ramen-jiro-aizuwakamatsu6

・盛りクオリティ
今回は、小ラーメン豚入りにニンニクアブラマシマシと生姜と生卵を追加して注文。

トッピングをマシマシにしたが、他店よりガッツリと多めのニンニクとアブラが盛られているように感じた。特にアブラは雪化粧をした会津磐梯山のごとく、ラーメンを純白に染めている。盛りの量にブレがあるのかもしれないが、今回はデフォルトでも野菜は少なめ。これならば野菜マシマシにしても一般男性なら食べきれるはず。

ramen-jiro-aizuwakamatsu11

ramen-jiro-aizuwakamatsu9

ramen-jiro-aizuwakamatsu10

ramen-jiro-aizuwakamatsu12

ramen-jiro-aizuwakamatsu18

ramen-jiro-aizuwakamatsu8

ramen-jiro-aizuwakamatsu7

・総評
ただでさえエネルギー抜群のラーメンに、生姜の発汗パワーが付加され、食べれば食べるほど体内から温まる。生姜とニンニクを混ぜ、スープを染み込ませてレンゲで野菜の上からかけて食べると絶品。生姜とニンニクの刺激がお互いケンカすることなく共存。むしろ刺々しさが弱まり、香草のごとく爽やかな口あたりに仕上がる。

何より高評価なのは、チャーシューである。やや長めのカットが特徴で、脂身と赤身がミルフィーユのように綺麗な模様を描いている。そしてその味、ラーメン二郎のなかでも屈指のハイクオリティ。食べた瞬間、脂身がプルンとした感触で抵抗をみせるが、その直後から決壊したダムのごとく、とめどなく広がる旨味エキス。

スープに浸ったチャーシューから脂が流れ、赤身がそれを包括するかのような作用をし、スープと旨味エキスを吸い込む。つまりチャーチューは、スープとともに丼に盛られた瞬間、ようやく完成型に至るのだ。

東北のラーメンは味が濃い目かな? と思っている人も多いが、むしろ調味料より旨味を重視した仕上がりになっており、繊細で食べやすい。これは、ラーメン二郎好きならば体験しておくべき一杯。ここまで完成度を高めた店主と弟子の皆さんに敬意を表したい。そして、東北の奥地にラーメン二郎があることは、町おこしとしても非常に意味と意義のあること。その点に関してもリスペクトせずにいられない。

美味しすぎて震えが止まらない。どうもありがとうございました。

・採点レビュー(5点満点)
美味: ★★★★ / 奮えながら貪る
麺質: ★★★ / ムッチクニュと食感極めたもの
出汁: ★★★ / 春の肉溶け汁
肉質: ★★★★★ / 肉厚でクニュとした食感
脂度: ★★★★ / 飲める脂のミルキィ汁
総量: ★★★ / 決壊に至らずも満足
店員: ★★★ / 二郎作りに誇りを感じる者
総評: ★★★★ / 神域ならぬ豚域ィ!

もっと詳しく読む: ラーメン二郎 会津若松駅前店 / 小ラーメン豚入り / ニンニクアブラマシマシ / 生姜 生卵(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/10/01/ramen-jiro-aizuwakamatsu/

ラーメン二郎 会津若松駅前店
住所: 福島県会津若松市駅前町6-31
時間: 11:00~14:00 17:00~21:00 土日祝11:00~15:00
休日: 月曜(月曜祭日は火曜日が定休) / 第3日曜 / 祝日は不定休

福島県会津若松市駅前町6-31
Google Mapで開く

Respected @habomaijiro

執筆: ミスタークドウ

Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る