今しか食べられないマンゴーパフェは今だけの味 / 銀座千疋屋 銀座本店

mango3

マンゴーパフェ
2160円

トロ~リと蕩ける柔らかさ、そこから広がる濃厚な甘味、いつまでも尾を引くコク、すべての点においてマンゴーは「フルーツの頂点に立つ存在」と言っても過言ではない。完熟した桃と同様、酸味が極めて微細なため「フルーツの甘味」の部分だけを贅沢に味わえるのも素晴らしい。

・希少なマンゴーに期待が高まる
そんなマンゴーをふんだんに使用したパフェが銀座で食べられる。しかも日本を代表するフルーツ専門店「銀座千疋屋 銀座本店」(東京都中央区銀座5-5-1)が厳選した、希少なマンゴーなのだから期待も高まるし、その期待は裏切られない。

mango2

mango1

・新鮮かつ滑らかなマンゴー
「銀座千疋屋 銀座本店」が期間限定で販売しているマンゴーパフェには、新鮮かつ滑らかなマンゴー、生クリーム、エルダーフラワーゼリー、マンゴソース、自家製マンゴーシャーベット、バニラアイスがたっぷりと盛られている。

あくまでマンゴーと生クリームを堪能するのがマンゴーパフェであり、フレークやスポンジなど余計なものは入っていない。パフェとは何を楽しむスイーツなのか? その「パフェ」の本質をしっかり理解して作られたスイーツなのが嬉しい。

mango4

・スイーツの高次元へと誘う
特に主役のマンゴーは極上で、いっさいの雑味なく、食べた瞬間にマンゴーが100%で本領を発揮する。甘味が魅力のマンゴー。生クリームがマンゴーの滑らかさをさらにランクアップさせ、マンゴー単体では到達できないスイーツの高次元へと誘う。

これが365日、毎日食べられるのなら最高なのだが、食べられるシーズンは期間限定で店舗限定。マンゴーにとって最高の季節にしか提供できない希少なマンゴーパフェといえよう。

もっと詳しく読む: (東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/08/16/ginza-sembikiya-mango/

銀座千疋屋 銀座本店
住所: 東京都中央区銀座5-5-1
時間: 11:00~20:00 日祝11:00~19:00
休日: 年末年始