職人が6日間焼き続ける伝説の「とり皮」を食べる贅沢 / 博多かわ屋

kawaya-yakitori01

かわ10本
1600円

焼鳥のなかでも、とり皮は最安値でチープなもの。そういう印象を持っている人は少なくない。しかし「とり皮が美味しい焼鳥屋は職人の腕が本物であることを意味する」といわれているほど、焼き鳥屋のスキルを計る目安にもなっている。

・6日間続ける仕込みに圧巻
なかには、こんなとり皮が美味しい焼鳥屋もある。ジューシーな旨味が凝縮されたとり皮を串に刺し、タレに浸してじっくりと焼く。余計な脂を落として、そのまま1日保管する。翌日、改めてタレに浸して焼き、それを6日間続ける。

kawaya-yakitori03

・最後まで残った旨味がジュワッと広がる
客にとり皮が出されるのは、仕込から6日後なのである。その味、どう頑張っても他店ではできない。

一口食べれば、タレととり皮が焼ける香ばしさに包まれ、とり皮本来の最後まで残った旨味がジュワッと広がる。

kawaya-yakitori04

kawaya-yakitori05

・魅力が倍増した仕上がり
6日間焼き続ければ、誰もが「肉汁がなくなってコゲコゲになるんじゃないの?」と思うかもしれないが、決してそんなことはない。我々が焼けばそうなるかもしれないが、そこは匠の技。とり皮としての魅力が、むしろ倍増した仕上がりになっているのだ。

・旨味のグラデーションを生む
表面は非常に強い弾力で、ときおり感じるカリカリッとしたクリスピーな食感がたまらない。肉汁はしっかりと残っており、タレとともにあふれ出て美味しい時間を堪能できる。串に近い中心部はとり皮本来の柔らかさを保持しており、これがまだたまらない旨味のグラデーションを生む。

博多かわ屋
住所: 東京都港区西麻布1-4-48
時間: 18:00~4:00
休日: 日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13185112/

東京都港区西麻布1-4-48
Google Mapで開く