南国の沖縄を極寒の氷で楽しむ沖縄ぜんざいカキ氷 / avocafe+

avo5

沖縄ぜんざいカキ氷
650円

アボカドや沖縄の食材を「絶妙な手腕で仕上げる」ことで定評のある『avocafe』。その姉妹店が『avocafe+』としてオープンし、ここのカキ氷がスイーツファンの間で話題になりつつある。

・すぐに売切れてしまう
ここでお目当てのカキ氷を食べるには、運と努力が必要かもしれない。人気のカキ氷は、仕入れ状況により食材が沖縄から届かないことがあるだけでなく、入荷したとしてもすぐに売切れてしまう。どうしても食べ逃したくない人は、なるべく早く店舗に行ったほうがよいかもしれない。

avo4

・沖縄の食材を生かしたカキ氷
沖縄を感じたい人は、「沖縄ぜんざいカキ氷」がオススメだ。南国沖縄の食材を生かしたカキ氷で、ひとくち食べただけで汗が引き、極寒ともいえる冷たさを楽しませてくれる。

avo3

avo2

・黒糖ならではの香り
黒糖のディープな甘さがたまらない。単に甘いだけでなく、黒糖ならではの香りが暑く火照った心と体を癒やしてくれる。冷たいことで甘さが際立ち、冴えた味覚に黒糖の新たな一面が伝わってくる。

avo6

・黒糖ならではの香り
カキ氷を食べ進めれば、最後に白玉がゴロゴロと姿を現す。最後まで単調ではない「氷菓」を楽しませてくれる。冷えてやや硬くなった白玉が、カキ氷とは違った食感で黒糖の甘味を楽しませてくれる。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/07/26/avocafe-plus/

avocafe+
住所: 東京都千代田区神田神保町1-54-19
時間: カキ氷は15:00~18:00(土は12:00から)
休日: 日月祝
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13181974/

東京都千代田区神田神保町1-54-19
Google Mapで開く
Photrip

東京メインディッシュの最新情報を受け取る