100年以上の歴史ある洋食店『ランチョン』のエビフライ / 東京芸術大学の学生に愛される味

lun0

エビフライ
2200円

明治24年に創業した洋食レストラン『ランチョン』をご存知だろうか? 東京芸術大学の学生に愛され続けているレストランとしても有名で、店名の由来も芸大生が深く関連している。

・地域住民に愛され続ける味
もともと店名がない洋食屋として開業したため、ずっと「洋食屋」と呼ばれて地域住民に愛され続けていた。しかし、常連の音楽大学(現在の芸大)の学生から「店名がないと不便だしわかりにくいよね……」という声があがり、学生が考えた『ランチョン』になったという。

lun4

・エビフライを見て納得
ここの名物はエビフライ。実はほかにも名物料理があるのだか、はじめて『ランチョン』にきてエビフライを注文しないのはモグリだという。正直、2200円という価格に驚かされるが、テーブルにやってきたエビフライを見て納得。

lun1

lun2

・ヴェールに包まれたプリプリの極太エビ
スケールのデカさに負けた。これならば2200円は安い。3000~4000円してもおかしくないレベルである。あまりにも大きすぎるので、フォークで切って、2回目の驚きが訪れた。ザクザクでクリスピーな分厚い衣、そしてヴェールに包まれたプリプリの極太エビ。

lun3

・これがまたビールに合うのだ
食べる前からその魅力にとりつかれてしまったが、食べればその魅力から逃れることはできない。砕ける衣、はじけるエビ、そして自家製タルタルソースの爽やかさ、どれもパーフェクトに近い、至福の味。これがまたビールに合うのだ。ちょっとした贅沢な時間、これ以上の幸せがあるだろうか。

ランチョン
住所: 東京都千代田区神田神保町1-6 神保町サンビルディング2F
時間: 11:30~21:30 土11:30~20:30
休日: 日祝

東京都千代田区神田神保町1-6
Google Mapで開く

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/05/18/luncheon/
Via: ランチョン