東京でいちばん美味しい鉄板フレンチトーストとドライカプチーノ / 自家焙煎珈琲みじんこ

mijinko7

ハニー&マスカルポーネ鉄板フレンチトースト
600円

世界中のフレンチトーストを食べ歩いたグルメライターが「東京でいちばん美味しいフレンチトースト」と絶賛している喫茶店がある。欧米や日本各地のフレンチトーストを食べてきたが、この店を越える味に出会ったことはないという。つまりそれ、世界一美味しいということでは?

・自家焙煎珈琲みじんこ
その喫茶店は、御茶ノ水から徒歩5分ほどにある『自家焙煎珈琲みじんこ』だ。ここの名物と化している鉄板フレンチトーストは、その名の通り、熱々のフライパンに分厚いフレンチトーストがジュージューと音を立てながら入っている。

mijinko3

mijinko4

・甘さをくわえてキャラメリゼ
さまざまな味つけが可能だが、一番人気はイタリア産マスカルポーネと国産百花蜜(はちみつ)をたっぷりと盛り付けた鉄板フレンチトースト。

甘さをくわえてキャラメリゼ(加熱)した松の実から、香ばしくも甘い香りが漂ってくる。

mijinko8

mijinko2

・散りばめられた松の実
ナイフを入れると、音もなくスッと鉄板まで到達する。どうすればここまでパン生地を柔らかくできるのか、素人には到底理解できない職人業を目の当たりにする衝撃。

フォークでたっぷりとマスカルポーネをパンにのせ、散りばめられた松の実とともに食べる。

mijinko5

・他に類のない存在
まさに雲を食べているかのような、とろける食感。本来ならば「綿のような柔らかさ」と表現するべきところだが、これは綿よりも柔らかく、目視はできても実態をつかむことができないほど瞬時にとろける。

確かに、他に類のない存在だ。

mijinko

mijinko6

・純粋に上品で上質
パンからはいっさい雑味を感じさせず、純粋に上品で上質なマスカルポーネとはちみつの味が楽しめる。はちみつもかなりのもので、クセがいっさいなく、くどくない。

大げさではなく、これならば、3~4人前はペロリと食べきれそうな勢いで美味しい。

・ドライカプチーノのほのかな苦味
パンから放たれる「鉄板から受けた恩恵」ともいうべき焦げによる香ばしさが、後味として深く残る。これがまた、ドライカプチーノのほのかな苦味にピッタリ。至福の時間を過ごせる素晴らしい喫茶店といえよう。

店名: 自家焙煎珈琲みじんこ
住所: 東京都文京区湯島2-9-10
時間: 11:00~20:00(フレンチトーストは19:15ラストオーダー)
休日: 火曜

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com
Via: 自家焙煎珈琲みじんこ