和スイーツ「豆かん」の常識がくつがえる美味さ / 梅むら

mame4

豆かんてん
470円

あんみつは知られているけれど、「豆かん」を知っている人は少ない。それでも、人気漫画『孤独のグルメ』に取り上げられてから、その存在を知った人は多くいるようだ。

豆かんは「豆かんてん」の略称で、その名のごとく、豆とかんてんに黒蜜をかけた和スイーツのこと。

客が自分で黒蜜をかける店もあるが、豆かんの名店『梅むら』では、最初から黒蜜が混ざった状態で出される。

mame2

mame1

和スイーツを取り扱う飲食店では、豆かんを出す店が増えているようだ。

しかし、『梅むら』の豆かんを食べたら最後、「今まで食べてきた豆かんは何だったんだ?」と思うほど強い衝撃を受けるはずだ。

mame4

mame3

豆は思ったよりももろく、力をそれほど入れなくても崩れていく。

ほぐれた豆が黒蜜の甘さをどんどん吸収していくので、いくら食べても甘さがくどくなることがない。

mame5

かんてんのプルルッとした食感もたまらない。かんてんが弾け、豆だけでは補えない渇きを潤してくれるのだ。『梅むら』は、日本でもトップクラスの豆かんが食べられる店なのは間違いない。

持ち帰りもできるので、買って帰れば最高のお土産になるはずだ。

店名: 梅むら
住所: 東京都台東区浅草3-22-12
営業: 12:30~19:00
休日: 日曜日

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/
Via: 梅むら