冷めても美味しいと話題の両国国技館やきとり / 実は東京駅でも買えるんです

yakitori3

国技館やきとり
620円

冷めても美味しいと評判の『国技館やきとり』は、両国国技館の相撲観戦に欠かせない料理のひとつ。

持ち帰りとして売られており、風情ある駅弁のような紙箱に入れられている。焼鳥の本数は焼鳥3本つくね2本で620円。

この焼鳥は国技館の地下で作られている人気の料理で、「この焼鳥を食べると国技館にきたんだなと実感するんです」という人がいるほどの好評ぶり。

でも実はこれ、JR東京駅でも買えるんです。

yakitori1

yakitori3

『国技館やきとり』を販売しているのは、JR東京駅構内の『駅弁屋 祭』。

ここでは全国のさまざまな駅弁が売られているが、この『国技館やきとり』も販売されているのだ。

yakitori4

あまりにも売れるので、販売フロアだけでなくレジの横にも積み重ねられている。駅弁を買いつつ、この『国技館やきとり』も買う客が多数いるからだ。

紙箱のデザインも風情があるので、非常に期待度が高まるムードを醸している。

yakitori5

yakitori7

その味は、確かに冷めてても美味しい! いや、これはむしろ加熱しないほうがいいかも?

冷めていても肉の弾力が生きており、染み出る肉汁がビールによく合う! 冷めているからこそ、そこに肉汁が濃縮されて詰まっているのかもれない。

食べた瞬間に広がりだす、少しだけ焦げた部分の香ばしさがたまらない。

yakitori6

5本セットという絶妙な本数もベスト。4本だと物足りないし、6本だと多すぎる。

JR東京駅を利用する際は、ぜひとも食べてもらいたい料理のひとつである。

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/