本物のかぼちゃに入ったかぼちゃプリンを食べてみよう! かぼちゃ自体も食べられます

kabocha2

東京・新宿の伊勢丹にあるカリスマ的な洋菓子店『リーポール』(Li Pore)では、かぼちゃのプリンが人気を博しています。

まさにハロウィンの季節にピッタリなスイーツです。

しかし皆さん、ハロウィンっぽいスイーツを食べたとき「ハロウィンっぽいけど味は普通」と思ったことはありませんか?

ハロウィンっぽい商品を出して見た目をオシャレにすれば、そこそこ売れてしまうのが世の中です。しかし、『リーポール』のかぼちゃのプリンは違います。

kabocha1

kabocha2

人によっては素朴すぎる味と思うかもしれませんが、あなどれない美味しさがそこにあるんです。

かぼちゃを丸ごと使った器(うつわ)と、中身のかぼちゃプリン、どちらもパーフェクトなナチュラルピュアテイスト。

kabocha3

kabocha8

プルンとした柔らかさのプリン部分は、ババロアのようなとろけ具合で甘さが広がります。

かぼちゃのナチュラルな甘さを強く感じ、まったりとした風味をしています。ややミルクの優しい味も感じます。これには紅茶がよく合うでしょう。

kabocha6

そしてプリンの器となっているかぼちゃ自体も食べられます。

スプーンで削り取って(スイカのようにすくい取って?)食べましょう。野菜の甘さってこんなにも美味しいんだね。と感じるはずです。

kabocha4

kabocha5

ハロウィンでもそうじゃない日でも、このかぼちゃプリンは一度食べる価値はあるでしょう。

「素朴すぎるなあ」と感じるかもしれませんが、こういうナチュラルなテイストなスイーツもあって良いのではないでしょうか。自然が生んだスイーツなのです。

kabocha9

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/