魅惑のとろとろチーズがたまらない! 生ハムフロマージュラーメン / ドゥエ イタリアン

italy10

濃厚でトロトロなチーズ、フロマージュはスイーツに使われることが多い。

パンに塗るディップとしても使われるし、フランスのとある店ではトムチーズのじゃがいも料理と組み合わせて使うこともある。

しかし、ラーメンにフロマージュを使っているのは『ドゥエ イタリアン』だけなのではないだろうか?

数年前からイタリアンとラーメンを融合する絶品ラーメン店(イタリアン?)として話題になっていた『ドゥエ イタリアン』だが、今現在も多くのリピーターによって支えられている。

italy6

麺の旨味が際立つ塩ラーメンの繊細さに定評のあるこの店だが、一度は食べておきたいのが生ハムとフロマージュのラーメンだ。

italy4

italy3

丼の中には多めの刻みネギが入っており、あとは煮玉子とフロマージュのみ。丼のフチには生ハムがのっている。

控えめながらチーズの芳醇な香りが湯気とともに立ちのぼり、途中で生ハムを巻き込んで「薫香」のごとく深い「香」を生む。

italy5

丼に浮かぶフロマージュは固形のようにも見えるが、かなりトロトロなので箸でつまむことはできない。

スープの温度によってじょじょに溶けつつあるため、完全に溶ける前に麺に絡めて食べたい。

italy2

italy1

フロマージュの底から麺を引きあげると、ちょうどよくフロマージュを巻き込んで麺に絡めることができる。

そのお味は? 一瞬だけチーズ特有の臭さをほのかに感じるものの、すぐにコクに生まれ変わる。

そのあとは、いつまでも続くチーズと小麦の絶妙な旨味を感じ続ける。

italy9

替え玉としてイタリア麺を注文することができるので、通常の麺とは違ったコシを楽しみたい人は注文するとよいだろう。

生ハムフロマージュラーメンのスープにはチーズの芳醇なテイストが溶け込んでいるので、1杯で終わらすのはもったいない。

italy8

italy7

麺を食べ終えると、玄米ご飯が出される。そこにラーメンのスープを入れ、リゾットのようにして食べるのだ。

米はやや硬めだが、これもまたフロマージュの風味豊かな味わいが楽しめる。

店名: ドゥエ イタリアン(Due Italian)
住所: 東京都千代田区九段南4-5-11
営業: 平日11:00~16:00 17:00~22:00 土17:00~22:00 日12:00~21:00
休日: 無休

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/