チーズたっぷりチーズラーメンが濃厚すぎてヤバイ! 九十九ラーメン

chizu1

今回紹介するのは、『九十九ラーメン』のチーズラーメンだ。ここのチーズラーメンは、ラーメンが大好きな人ならば、きっと知っているはず。

しかし、「実際には食べたことはない」という人も多いだろう。やはり、どんなにラーメンが大好きでも、ラーメンにラーメンらしからぬ食材が入っていると、
注文を敬遠してしまいがち。

まあ、日本一ますいラーメン屋『彦龍』のようにラーメンのダシにトマトは使っていないのでそこは安心していいのだけれど。

chizu3

ここのチーズラーメンは、フランスの白カビチーズ、『トム・ド・サボア』をもとにしたチーズ使用しているという。しかし不思議だ。『トム・ド・サボア』は硬いタイプのチーズのはず。

もしかして、ラーメンに固形のままブチ込むのか……!? とにもかくにも食わずして文句など言えず。ということで、行ってみた!!

chizu2

どしゃぶりの雨の中、17:30ごろ『九十九ラーメン』に到着。いつも行列ができているはずなのに、今日は雨のせいか、行列ナシ!! ラッキー!! ということで、カウンターに座る……って、コレなに!? カウンターの厨房側に何やら変なマシーンが……。

チーズ削りマシーンだ!!

このマシーンに固形の『トム・ド・サボア』をもとにしたチーズを2~3個入れて、削ってラーメンに盛っているではないか!! このラーメンのためだけに用意されたチーズ削りマシーンなのだッ!!

っていうか、このラーメン、限定200杯らしい……。限定200杯って、なかなか多い数のように思える。「チーズラーメンくださーい」と、さっそく注文してみると、
「かしこまりましたー!!」という返事が。まだ売り切れではないようだ。しかし、「マルキューあと残り4杯でーす!!」と厨房で声が上がる。

chizu1

限定200杯ギリギリセーフじゃん!! 助かった……。ちなみに「マルキュー」とはチーズラーメンのこと。

売り切れるほど大人気ならば、限定200杯はむしろ少ないかもしれない。今日はどしゃぶりの雨だからまだ200杯に達していなかったが、普通の天気ならばすでにチーズラーメンは完売していただろう。

ここのラーメンは、麺の硬さ、味の濃さ、脂の多さを選ぶことができる。なので、私は「麺硬め、味濃いめ、脂多め」にした。それには理由があって、ラーメンが完成してテーブルに出されてもデジカメで撮影することが多いので(笑)、麺がのびても大丈夫なように、ちょっと硬めの麺にしてもらうのだ(そういう注文ができる店のみで)。
ちなみに脂多めはラーメン自体が冷めるのを抑えるのでそうしている。

ゴリゴリとチーズ削りマーシンで削られたチーズがどんぶりに盛られる。そうしてついにチーズラーメンがついに完成!! 私の目の前にやってきた。まるで、パルメザンチーズのような削られ方をした『トム・ド・サボア』がたっぷりとどんぶりに盛られている。しかもすっごくいいスメイル!!っていうか、スパゲティを食べるかのような錯覚に陥った。

これはラーメンなのか?

とりあえず、箸でチーズをスープに溶かし、メルティーになったところでラーメンにからめてズルズルッと食べてみた……。お、おいしい!! とても美味しいッ!! チーズがパルメザンチーズのようにきめが細かく削られているので、スープにすぐ溶け込み、麺にはまとわりつくようにドロリとからみつく!!

しかし、ラーメンを食べているというより、スープの多いスープスパゲティを食べているかのようだ。ベースがとんこつスープなので、クリーミィな『トム・ド・サボア』をもとにしたチーズがマッチしているのは確かだ。

店名:九十九ラーメン
業種:ラーメン
住所:東京都渋谷区広尾1-1-36
営業時間: 11:00~5:00
定休日:年中無休
※記事内容は取材時の情報です